デザインにこだわった夢の一戸建て

一戸建ての購入は、家族が5人いたため、子供が大きくなっても部屋の作りなどを変えずに済むことを意識して、部屋の数や間取りを相談しながら決めました。(上の子が何歳で家をでるか?など)
それと輸入住宅なので、ヨーロッパ風になりすぎず白を基調としたシンプルで飽きの来ないデザインにはこだわりました。
外見も中身も死をを基調としていて、光を取り入れやすい作りになるようにも意識しました。

デザインに関しては、業者さんのこだわりも強かったため、いろいろなパターンを進められましたが、そこで自分の希望をいうことを遠慮してしまわず、住むのはこちら側なのですから、しっかりと希望は伝えるようにしました。
またその業者さんの建てた物件にいくつか訪問したりといろいろ研究をしました。
そうしていくなかで当初は希望していた暖炉や床暖をやめて違ったものにするなど、いろいろなケースを見ていくことで自分たちにあった設備やデザインで家を建てることが出来ました。

人生で一番大きな買い物の一つですので、妥協せず、長く幸せに住んでいける自分にぴったりの家を探してください!