一戸建てを買うなら将来の住み替えを視野に

いつか子どもは自立して家を出て行くことになるので、夫婦二人になった時に住み替えを検討することになった場合のことを考えて、資産価値の落ちない土地に一戸建てを建てようと思いました。
夫婦で何度も話し合い、不動産屋さんにも色々相談しました。その結果、狭くて高くても、資産価値が落ちにくい都心の駅近の土地に家を建てました。

不動産屋さんやスーモカウンターなどに行き、情報収集を行いました。あえて、将来資産価値が落ちるかもしれない土地の物件も見に行き、資産価値が落ちづらい物件との比較を行いました。
さらに両者における通勤時間や子どもの教育環境、生活のしやすさを比較検討し、それぞれのメリットとデメリットを考えました。
そして、購入を考えた土地の、地元である富士市の不動産屋さんに特に何度も情報収集を行い、その土地の資産価値がどれ程のものかを徹底して聞きました。

子育て中の方は、いずれ夫婦二人になることを踏まえ、将来の住み替えを視野に入れた土地探し、物件探しをされることをお勧めします。